スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月5日、アノニマスの米国総攻撃でウォール街は壊滅へ。|アメリカデフォルト危機

11月5日、アノニマスの米国総攻撃でウォール街は壊滅へ。|アメリカデフォルト危機

ハッカー集団アノニマスが、ウォール街に宣戦布告をしました。

続きを読む

スポンサーサイト

11月11日、アメリカは破産の準備を進めている?世界同時デフォルトと日本存亡の危機|アメリカデフォルト危機

11月11日、アメリカは計画破綻・デフォルトの準備を進めている?世界同時デフォルトと日本存亡の危機|アメリカデフォルト危機

日本が韓国へスワップ協定として、5兆円の援助を行ないました。 ギリシャ債務はヘアカットを行なうことで実質デフォルトをさせ、債務危機を取り急ぎ回避しました。 ギリシャ、韓国発の世界恐慌危機をわずかに延命したことになります。 しかしながら、苦し紛れの延命であることは誰の目にも明らかです。 これで債務問題がすべて解決した!と考える能天気なメディアを信じる人がいるでしょうか。 次の債務問題は、再びアメリカへと舞い戻ってきます。 一体Xデーはいつなのか? 戦々恐々とする日々が続きますが、 管理人は一つの仮説をたてました。それが今回の記事です。

続きを読む

カダフィ大佐死亡?ウォール街金融エリートの断末魔。|アメリカデフォルト危機

カダフィ大佐死亡?ウォール街金融エリートの断末魔。|アメリカデフォルト危機

カダフィ大佐は、決して巨悪の独裁者ではありませんでした。 カダフィ大佐が政権を握る間、国民は以下のような待遇を受けていました。

続きを読む

ウォール街デモ:「オキュパイ・トウキョウ」含む世界規模での「怒りのデモ」|アメリカデフォルト危機

ウォール街デモ:「オキュパイ・トウキョウ」含む世界規模での「怒りのデモ」|アメリカデフォルト危機

去る9月17日、数十名の人々がアメリカ・ニューヨークの証券取引所前での集結を決めたとき、彼らの怒りの声が国境を越えて世界各地に轟くだろうなどとは、一体誰が予想しただろうか。

ニューヨークで、この「ウォール街を占拠せよ」運動が口火を切ってから、ほぼ1ヶ月が経過した15日土曜、アメリカ、ヨーロッパ、アジアにまたがる世界80カ国の1000以上に上る諸都市で、経済格差に抗議する大規模な抗議デモが開催された。これらのデモ全てにおいて、参加者らは現在の経済状況に不満を訴え、将来に向けた新たな計画を求めた。 今や全世界に波及し、「占拠運動」や「怒りのデモ」といった名称で知られる、一連の抗議運動は、ある一つのテーマに根幹を有している。それは、諸国民がもはや現在の体制を容認できないということである。現在の体制においては、資本家と呼ばれる大富豪が、資本主義社会における政治や経済を取り仕切り、政治家は単なる支配者階級の代理人として役目を果たしているに過ぎない。経済面でのエリートがプロの政治家と結託することで、非常に少数派ながら、極めて恵まれた階層となり、社会における生産手段や資本のほぼ全てを掌握することになった。全体の1%に過ぎないこれらの少数派に対し、他の99%の多数派の人々は、諸問題の根本的な重荷を背負わされている人々である。そうした諸問題とは、失業、経済破綻、インフレ、貧困、飢餓、そして多くの社会問題であり、これらは、もはや賭博場に等しい資本主義体制下に置かれた市民の抱える問題の、氷山の一角に過ぎない。

ごく数年前までは、支配者階級メディアや情報伝達手段を牛耳り、貧困や社会的不公正を白日のもとにさらすことを許さなかった。このため、数百万人の人々が多大な不便さや社会的不平等を抱えながらも、それに甘んじていたのである。だが、インターネットやSNSといったソーシャルネットワークのような媒介手段の登場とともに、支配者階級がメディアを独占するという原則が崩れ、諸国民は突如、社会的な不平等、資本家や政治家による汚職、利己的な行動や欺瞞に気づくようになった。こうした社会で活動する政党派閥が、現状に対して自らを正当化ばかりしていることから、憤懣やるかたない人々は、政治家が変化を起こしてくれるだろうなどという望みを断ち切って、街頭に繰り出し、自らの抗議の意を支配階級に届けようとしたのである。

こうした中、現在見られる抗議運動は、前世紀の社会運動とは逆に、明確なリーダーが存在せず、一つのスローガンのもとに人々が集結する、というパターンになっている。こうした要素も、世界中での抗議運動の拡大に貢献し、これを弾圧したり逸脱させようとする支配者階級の力を弱めている。このように、「怒りのデモ」は多様な参加者を抱えながら、ある共通したスローガンのもとで意見を共有している。それは、金融関係者は自らの過ちを認めるべきであり、各国政府は資本家の救済をやめて、一般市民の救済を急ぐべきであり、その結果、戦争や自然破壊の代わりに、世界に公正かつ人道に基づく関係が樹立されるべきだ、ということである。

2011年 10月 16日(日曜日) 18:50  イラン放送 http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=21888:2011-10-16-14-21-45&catid=50:2010-09-15-06-17-25&Itemid=119

-----

ウォール街デモ、日本では偏向報道のおかげで誤解されています。

このデモの本質は決して「格差是正」などではありません。 大衆が望むのは金融支配エリートの詐欺的な行為に対する抗議、資本主義の終焉です。

続きを読む

アメリカデフォルト・恐慌対策「現物資産編」|米国デフォルト危機

アメリカデフォルト・恐慌対策「現物資産編」|米国デフォルト危機

2011年10月14日現在、市場は小康状態を保っています。 欧州債務危機がひとまず落ち着き、事態は収束したかに見えています。 見えているだけです。

水面下では、今も必死に沈みゆく船を浮かせてもがき苦しんでいます。 ヘッジファンドの解約が相次ぎ、10月末の決算に備えてのお化粧買いも見られるようです。 裏を返せば、11月以降にまた地獄への扉が開かれる可能性があるということです。

米国のデフォルトだけではなく、欧州危機や 世界恐慌・デフォルトの可能性も高まっている中 対策を講じておくならば、今が最後のチャンスかもしれません。

デフォルト対策シリーズの追加版として、 「現物資産編」「備蓄編」「非推奨編」に分けて記事にします。

「現物資産編」 1.ゴールド 2.硬貨

「備蓄編」 3.食糧、水、備蓄用品

「非推奨編」 4.株 5.不動産 6.海外投資 7.借金

続きを読む

ウォール街デモで700人逮捕!全米に拡大!アメリカ崩壊・国家緊急事態へ。|アメリカ経済デフォルト危機

ウォール街デモで700人逮捕!全米に拡大!アメリカ崩壊・国家緊急事態へ。

ポスター

 米金融界を象徴するニューヨークのウォール街周辺で9月中旬から続いている抗議活動で、ニューヨーク市警は1日、交通を妨害したなどとして700人を超えるデモ行進の参加者を逮捕した。同市警が明らかにした。

 ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、同日のデモ行進は1500人規模。同市警によると、観光名所として知られるブルックリン橋の車道を行進していた参加者に対し、警告を発したものの歩道に戻らなかったため逮捕に踏み切ったという。これに伴い、橋の一部は数時間にわたって閉鎖された。

時事ドットコム:ウォール街デモで700人超逮捕=NY http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011100200056 ウォール街のデモが止まりません。

続きを読む

米ドルは単純に暴落・崩壊しない。リーマン・ショック以降、2種類の"金"ドルと"屑"ドルが存在していた!

米ドルは単純に暴落・崩壊しない。リーマン・ショック以降、2種類の"金"ドルと"屑"ドルが存在していた!

基軸通貨、USドル。 世界屈指の経済力・軍事力・資源を裏付けとして 今もなお世界最強の通貨として君臨し続けています。

2008年のリーマンショックを境に、ドルは見境なく刷られてきました。 マネタリーベースは2008年に1000億ドル急増し、その後も増え続けています。 本来ならば、通貨の刷り過ぎでハイパーインフレになるはずです

続きを読む

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。