スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ(米国)経済危機:8月米雇用統計、非農業部門雇用者数は変わらず|ロイター

アメリカ(米国)経済危機:8月米雇用統計、非農業部門雇用者数は変わらず|ロイター

(以下引用) Photo  米労働省が2日発表した8月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月から変わらずとなった。エコノミスト予想の7万5000人増を大幅に下回り、約1年ぶりの弱い内容となった。   6月と7月の非農業部門雇用者数の増加分も合計5万8000人下方修正された。   失業率は9.1%で前月から変わらず。家計調査では就業者と労働人口の増加が示された。  発表を受けてリセッション(景気後退)への懸念が強まり、序盤の米株式市場ではS&P総合500種が2%下落。原油も売られ、米国債は追加金融緩和への期待感から上昇した。  ITGのシニアエコノミスト、スティーブ・ブリッツ氏は「経済は徐々に停滞しつつある」との見方を示した。    雇用統計を受けて、米連邦準備理事会(FRB)内では8月の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加緩和に前向きだった当局者の立場が有利になる可能性がある。   ファロス・トレーディングのマネジングディレクター、ダグラス・ボースウィック氏は「FRBは9月のFOMCで何らかの量的緩和第3弾(QE3)を打ち出す力が強まった」と述べた。 2011年 09月 3日 00:29 JST ロイター http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23004720110902 ----- 注目を集めていた8月の米雇用統計、まさかの悪指標でした。 横ばいというと普通に聞こえますが、エコノミスト予想をはるかに下回る悪い内容です


これにより景気の二番底、リセッションへの懸念が一層強まることとなります。 今週の市場はこの雇用統計をにらみながらの神経質な展開が続いていました。 それだけに、反響は非常に大きなものとなっています。 米雇用統計受けドル下落、来週も軟調に推移との見方=NY市場|ロイター ‎http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23008420110902?feedType=RSS&feedName=topNews 2日NY株、大幅続落-ダウ253ドル安|IBTimes http://jp.ibtimes.com/articles/21645/20110902/713194.htm NY金(2日):上昇、4週ぶり大幅高-弱い米雇用統計で質への逃避|ブルームバーグ http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a3TKGx6zo3Ro 特に金先物の値上がり率がすさまじく、先週の200ドル近い下げからの大反発です果たして、FRBはQE3を行なうはめになるのか? 諸刃の剣であるこの緩和策に踏み切れば、世界中から非難を浴びることでしょう。 特に、中国からの猛反発は必至とみられています。 次の注目ポイントは9月20、21日のFOMCとなりそうです。
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。