スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】ギリシャデフォルト!CDS発動確定!!!ISDA、ついにCAC発動で信用事由と認定!!!世界金融システム崩壊寸前!!!

【速報】ギリシャデフォルト!CDS発動確定!!!ISDA、ついにCAC発動で信用事由と認定!!!世界金融システム崩壊寸前!!!


ISDAがついに信用事由・CDS決済を認めた!!!

国際スワップデリバティブ協会(ISDA)
は9日、ギリシャ債務交換での集団行動条項(CAC)発動は信用事由に当たると認定し、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の支払いが発生したとの判断を示した。



ギリシャ集団行動条項発動で信用事由発生=ISDA | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE82801720120310

ISDAがついに信用事由・CDS決済を認めた!!!
ISDAがついに信用事由・CDS決済を認めた!!!
ISDAがついに信用事由・CDS決済を認めた!!!




今回の信用事由認定に伴い、純ベースで最大31億6000万ドル相当が支払い対象となる可能性がある。ただ債券保有者が元本を全額毀損(きそん)するわけではないことから、実際額は低くなる公算で、今後数週間かかるとみられる手続きを通じて決定される予定。

ギリシャのベニゼロス財務相はこの日、CDSの発動をめぐるISDAの判断を懸念していないとの考えを示していた。
同相は議会で「CDSが発動されたとしても、われわれは懸念していない。世界的に問題となる額はネットで50億(ユーロ)以内だ」とし、「ギリシャおよび欧州全体の経済にとり、極めてわずかな額にすぎない」と述べた。




CDS発動でも影響は限定的
、と口では強気ですが、
実際の所どうなのか?その強気の根拠を知りたいところです。

どんなに少なく見積もっても、ネットで
50億ユーロ=5300億円以上の新たなお金が必要になるということです。

しかもこれは表の数字だけの、それも極めて楽観的な数字と思われますので
実際は裏に飛ばした数字も含めると、かなりの額に上るのではないかと思われます。





このお金を一体誰が出すのか?

ECBは今回の債務交換に参加していません。

債務交換に参加していないのに、債務交換で信用事由認定となり
損害が発生した金融機関への資本注入など行なえるのか?
FRBが15兆ドルを詐取して秘密裏に行なったような手法で?
ECBにそんな余力があるのか?資産は既にジャンク債まみれなのに?



ギリシャ国債 1年物 金利 2012年3月9日


ギリシャ債1年物の金利は既に1000%を超えました。
つまり、暴落し続けています。
今年に入ってから金利が狂ったように暴騰しています。滅茶苦茶です。


ギリシャ国債 10年物 金利 2012年3月9日

ギリシャ債10年物
の金利も安定して35%以上をキープしています。



ところで、今回の債務交換における新発債の金利はいくらだったか?

■債務を対GDP比で120%まで削減するには、追加の債務減免が必要になる
■民間債権者に対して、一段の損失負担を受け入れるよう要請している
■民間債権者が受け取る
ギリシャ新発国債は当初2%とし、2020年以前に3%、2021年から償還までは4.3%


2%?(゚Д゚)ハァ? コロスゾ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!
パパ、デモスッゾ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!


そして、IMFにも余力はありません。
日本から強奪するような方法でお金を出させるしか方法はありません。
あるいは、日銀が裏で動くかどうか。既に10兆を緩和済みですが、さらに動けるのか?

売国奴 西村清彦
日銀に巣食う売国奴、西村清彦をまた使うのか?



ダウは14ドル高という謎の小幅続伸です。
大口がみな投資から手を引いている可能性があります。
失業率は横ばい、雇用統計の数値が底堅かったため救われた格好になります。

いずれにせよ、もう13000ドルの壁を越えられる材料は出てこない可能性が高い。

米株は雇用統計好感し続伸、ギリシャ信用事由の影響は限定的 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82807020120309


幸い今週中には暴落相場が来なかったため、まだ逃げ場はあります。
信用事由認定でCDS発動確定でもなお逃げない投資家は、自業自得です。

ギリシャ危機を、CDSを甘く見るといずれ手痛い目に遭います。





そして、国際法に基づくギリシャ国債の債務交換期限
3月23日に正式に延長されました。

ここでも債務交換に応じない債権者がいた場合、どうなるのか?
強制的にユーロ離脱となる決まりがあるのか?


3月23日ギリシャユーロ離脱説
の裏付けの一部となる可能性があるのです。


◎外国法準拠国債と国営企業発行の政府保証債については、債務交換の受付期限を3月23日に延長。すでに回答した投資家については、変更は認められない。

情報BOX:ギリシャ債務交換の結果 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82807D20120309





ギリシャデフォルト危機はこれからが本番です。
そして、世界金融システムのリセットも間近に迫っています。
残された時間は2週間を切りました。最後まで油断なきよう。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうせ今回も何も起きないんでしょ。ダウ14ドル高はすでに雇用統計の改善が見込まれて上がりきっていたから値幅が小さかっただけ。週明け寄り付きで全力で日本株買いますよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。