スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ危機まとめ-選択的デフォルト、CAC発動、CDS決済、ユーロ離脱、サルコジ引退へ

ギリシャ危機まとめ-選択的デフォルト、CAC発動、CDS決済、ユーロ離脱、サルコジ引退へ



1. 年初に債務交換協議が決裂し、Xデーが3月20日に決められた
2. 欧州が相次いで格下げされ、EFSFプランが白紙となる可能性浮上
3. ギリシャには3つのデフォルトプランがある
4. 集団行動条項適用ならば、CDS決済となる
5. EU副委員長、ギリシャがユーロを離脱する可能性を示唆
6. ギリシャ国民、緊縮策に反対し大規模な暴動やデモ、放火が起こる
7. S&P、ムーディーズが相次いでギリシャを最低ランクに格下げ
8. 欧州陣、勝手な格付けを禁じる方針と発言
9. サルコジ再選なければフランスがユーロ離脱する可能性あり
10. ISDA、選択的デフォルトでもなおCDS決済ないと発言
11. CAC=CDSであることは揺るがない
12. 3月23日にギリシャがユーロを離脱するという噂が立つ



ここ最近、欧州危機はギリシャ一色となっています。
少し前はポルトガルやイタリアも危機的状況でしたが、ECBが必死に抑え込んでいます

ギリシャデフォルト危機が再燃した(実際は何も変わっていない)ところで、
今一度ギリシャ問題の中身を復習してみようと思います。



1. 今年の1月中旬、Xデーが決められました。



債務交換協議が一部のヘッジファンド離脱により決裂
し、
3月20日に巨額のギリシャ国債償還があることが判明します。

デフォルトするギリシャ:債務交換協議またも決裂、ついに交渉中断!Xデーは3月20日に決められた!
http://www.news-us.jp/article/246259033.html



2. 同時期に、イタリアやフランスなど欧州国家が相次いで格下げされました。

Photo

フランスが格下げされたので、自動的にEFSFも格下げとなり物議を醸しました。

イタリア格下げ!ジャンク寸前!欧州終了のお知らせ!2012年世界恐慌がはじまった!!
http://www.news-us.jp/article/246041231.html
フランス格下げ、AAA格付け失う!!EFSFもユーロ共同債も白紙か!欧州完全終了・世界大恐慌へ!
http://www.news-us.jp/article/246080116.html
EFSF格下げ!ポルトガル国債暴落!
http://www.news-us.jp/article/246876009.html



3. ギリシャには今、3つの選択肢があります。


 秩序CDS
■減額されたギリシャ債務を「自発的に」交換するあり発動しない
■ギリシャ債務の交換を強制するあり発動する
■何もしないで3月20日デフォルトなし発動する

上から順に、小デフォルト、中デフォルト、大デフォルトです。

ギリシャ3つのデフォルトプラン、交渉難航
http://www.news-us.jp/article/248122237.html



4-1. 集団行動条項=いわゆる強制カット案が浮上したのは、2月の初旬です。



この際既に、強制カットならば秩序あるデフォルトとなり、CDS決済ありと述べています。

【速報】ギリシャ債務、強制カット案浮上か-秩序あるデフォルト、CDS発動で欧州破滅へ
http://www.news-us.jp/article/249773391.html



4-2. CACありならばCDS決済確定、ということを繰り返し書きました。



そして、ヘッジファンドがそれを望んでいることも。

ロイター「欧州はギリシャ国債CDSの決済で破滅します」ヘッジファンド「CDSで大儲けできるから債務交換してもいいよ」
http://www.news-us.jp/article/253643676.html
ギリシャ、CDSの発動については想定外-集団行動条項(CAC)適用ならばCDS決済確定か=ブルームバーグ(おまけ:サルコジギャラリー)
http://www.news-us.jp/article/253952602.html



5. EU副委員長が「ギリシャがユーロを離脱する可能性がある」と発言しました。
6. 2月初旬~中旬に、ギリシャ政府が新緊縮策を打ち立てる一方
国民の暴動やデモ、放火などが相次いで起こり、事実上の国家崩壊状態に陥りました。



ギリシャ危機が深刻化すれば世界の相場は再び崩れる、と警告しました。
これを受けてか、ギリシャ政府がユーロ離脱の準備を始めたという情報も出てくるようになりました。

3月20日ギリシャデフォルト、ユーロ離脱の準備をはじめた(1)-デフォルトの影響と対策、貴金属取引停止となるか?
http://www.news-us.jp/article/251246572.html
3月20日ギリシャユーロ離脱、デフォルトの準備をはじめた(2)第2次ギリシャ支援の決定に至らず、ゼネストは深刻に-欧州内戦の日は近い
http://www.news-us.jp/article/251551876.html



7. S&Pの格下げによりギリシャ国債はSD(選択的デフォルト)となりギリシャのデフォルトが確定しました。

イメージ

これは2月中旬より噂となり、2月末に確定しました。
それに続き、ムーディーズもギリシャの格付けを最低ランクCへと引き下げました。

ギリシャ選択的デフォルト、CDS発動へ!止まぬ暴動、放火、10万人デモ-ユーロ消滅・GSの大崩壊劇を見れるか
http://www.news-us.jp/article/252082539.html
ギリシャ選択的デフォルト確定!!!欧州イルミナティはCDSで大崩壊する!!!
http://www.news-us.jp/article/254521029.html



8. これを受けてか、欧州陣は「勝手な格付けを禁じる」などと本末転倒な発言をしました。



いかに欧州の首脳陣が混乱しているかが露わになった結果と言えます。

日銀がこの頃急にインフレターゲットを設定しましたが、これは裏で何らかの圧力がかかった可能性あり。
これを機にユーロやダウ、日本株が息を吹き返し、危機モードが一蹴されました。
日銀による、事実上のユーロ買い支えが大々的に行なわれたのです。

世間ではおおむね歓迎されましたが、当サイトはこれを批判しました。

WSJの記者による皮肉的な記事も投稿されました。


1.なぜギリシャにオーストラリアより好条件で金を貸すのか?
2.なぜPIIGSに付け込まれるような好条件で金を貸すのか?
3.なぜ癌を最初に切除せず、末期まで放置したのか?
4.この2年間、
欧州の首脳は本当に会議で踊っていたのか?
5.なぜ溺れるギリシャ人にハンマー台を投げつけるのか?
6."脅迫的な"ギリシャ債務再編
、と見出しを変えるべきではないのか?
7.なぜドラクマを再導入しないのか?既に輪転機も用意したのに?
8.なぜ
「フランスの銀行救済」
と言わないのか?
9.なぜギリシャは自由に自己破産できないのか?
10.なぜ
欧米の金融機関は保険金詐欺で捕まらないのか?


欧州危機-狂ったEU首脳陣「勝手に格付けするな」ウジ虫ユーロに売国奴日銀白川、どちらが先に潰れるか?

http://www.news-us.jp/article/252928945.html
欧州危機は欧州喜劇、もはやコント-メルケルの尻に敷かれるサルコジ、嫁にも愛想を尽かされる?
http://www.news-us.jp/category/12243522-3.html



9. サルコジが再選できなければ、ユーロの存続が危ぶまれます。



以前も「再選できなければ政界を引退する」という意志を表明していましたが、
本日改めて
「(選挙で敗北すれば)何か別のことをする。それが何かは分からないが、いまはそういう話をする時でない」
と発言しました。

ニコラ・サルコジユーロ維持派サルコジ・トレード23・5%
フランソワ・オランドユーロ維持派ユーロ共同債の導入を支持30%
ルペンユーロ離脱派フラン復活を通じて財政再建を目指す17%
得票率は1月25日時点

万が一第3候補のルペン氏が当選すれば、フランスユーロ離脱の可能性高まります。

フランスがユーロ離脱へ-サルコジ落選後は政界引退か?ユーロ、EUが地球上から消滅する日
http://www.news-us.jp/article/248486298.html
サルコジ仏大統領:再選できなければ政界引退する - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_405132?mod=WSJFeatures



10. 国債スワップデリバティブ協会は今回のギリシャ危機はクレジットイベントに該当するかどうか、という判断を3月1日に下しました。



結果は、選択的デフォルトにも関わらず「CDSの決済はない」という理不尽なもの。
しかし、CAC適用でもなおCDS決済ないならば、ISDAの規定違反となることも明らかになりました。

ギリシャCDS炸裂前夜!クレジットイベント否定なら市場崩壊か!3月1日の会合を待て
http://www.news-us.jp/article/254726505.html
ISDA「ギリシャCDS支払いは発生しないと思うけど、まだ最終決定ではない」-馬鹿丸出し欧州陣
http://www.news-us.jp/article/255169127.html



11. 結局、CAC=CDSの式は覆せません。



このことが明らかになり、改めてギリシャ危機の本質がどこにあるのか注目されつつあるのです。

ギリシャ危機:3月8日にCAC適用、CDS決済となるか?ヘッジファンドは債務交換に参加するのか?
http://www.news-us.jp/article/255961428.html



12. 非公開情報では
「ロスチャイルドの息がかかった金融機関が解体される」
「3月23日の市場閉場後、ギリシャのユーロ離脱が発表される」




などという情報も出回っており、残された時間が少なくなってきていることが分かります。

ギリシャを破産・デフォルトさせろ by 英国・MI6
http://www.news-us.jp/article/253431256.html
3月23日にギリシャデフォルト・ユーロ消滅が発表される
http://www.news-us.jp/article/254481095.html








本日は3月9日です。
本当にギリシャが3月23日にユーロを離脱するならば、
その日をもって、現行の資本主義が終焉を迎える事になります。
日本も含め、世界中が蜂の巣をつついたような大混乱に見舞われるでしょう。

表のニュースだけで判断すれば、
ギリシャは3月を乗り切ったとしても、4月に選挙があり、
そこで現在の与党が大敗北を喫することでEUとの約束が反故になり
その後の5月償還を乗り切る事は不可能になるだろう、という見方が多数です。


いずれにせよ、あと3ヶ月もすれば結果が出る事になります。


※ 追記

Photo 

本日のニュースで、95%以上が交換に応じると飛ばし記事が出ましたが、
あくまでCACを適用した後の話であること
が判明しました。
これで満を持してCDS発動となりますが、市場は短期の戻し相場となっています。
この上げ相場で全てを売り払うべきかもしれません。

債務交換受諾率、CAC条項発動後に95%以上に=ギリシャ政府当局者 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82800F20120309
ギリシャ債務交換の参加率は予想超える95%に、デフォルト回避へ | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82707A20120308

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヘッジファンドが四分の一を持っているということですから、あれれ、おかしいな、と思って飛ばし記事を真剣に読んでしまいました。CAC適用後だったんですねw
AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。