スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP参加表明を11月11日に先送りする野田首相。裏の動きは何か?|アメリカデフォルト危機

TPP参加表明を11月11日に先送りする野田首相。裏の動きは何か?|アメリカデフォルト危機

野田佳彦首相は10日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加の是非に関し、首相官邸で開いた政府・民主三役会議で「1日よく考えさせてほしい」と述べ、政府方針を発表する記者会見を11日に先送りした。12日からハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に交渉参加を表明する考えに変わりはないとみられるが、民主党内の慎重論に押されて「政権で最初の重要な決断」(首相周辺)にもたつく形になり、首相の求心力低下につながる可能性も指摘されている。    首相は10日午後、政府・民主三役会議と経済連携に関する閣僚委員会で政府・民主党の方針として交渉参加を決定したうえで、同日夕に記者会見して国民向けに説明する意向だった。しかし、首相は同会議で「(11日にTPPに関する)予算委員会(の集中審議)があるし、皆さんの思いもある。決めたら、また集まってほしい」と語り、11日夕に改めて同会議を開いた後、記者会見する考えを示した。民主党の前原誠司政調会長が「党内の7、8割が慎重だった」と伝えると、首相は「重く受け止める」と語ったという。    民主党の経済連携プロジェクトチーム(PT)が9日に決定した政府への提言は、交渉参加に慎重意見が多かったことを踏まえ「慎重に判断すること」を政府に求めている。民主党幹部は「慎重に判断するために1日置いた」と語り、交渉参加の方針は変わらないとの見方を示した。藤村修官房長官も記者会見で「(首相の方針に)変化は感じていない」と述べた。    11日にはTPPに関する集中審議が衆参予算委で行われることから、首相官邸内には「審議前に参加を決め審議に臨むべきだ」との意見があった。政府方針の決定を集中審議後に先送りしたことで、与野党の意見を聞いて判断する姿勢を示す狙いもある。ただ、みんなの党を除く全野党がAPECの際の参加表明に反対しており、「国会審議軽視」の批判を受ける恐れもある。

TPP:首相、表明先送り 「1日よく考える」 きょう会見 http://mainichi.jp/select/biz/news/20111111ddm001020025000c.html 管理人はある程度「ドタキャン説」を予測していましたが、 まさかのまさか、1日だけ考える、という言葉が出てこようとは。11月11日に合わせてきたのか?



本サイトからリンクをさせてもらっている「シス&エイリアン」さんの記事が興味深いです。

明日は2011年11月11日である。11が重なる不吉な日。海外では何か起こるのでないか?テロが起こるのではないか?といった情報が飛び交っている。ただし、真相は謎である。そこで面白そうなネタだけを拾ってみた。

★11,11,11に何が起こるのか?

ダムが決壊すると警告している動画。以下、参考までに。

★フーバーダムとは?

フーバーダムは、アメリカ合衆国の多目的ダム。アリゾナ州とネバダ州の州境に位置するコロラド川のブラック峡谷にある。フーバーダムは1931年に着工し、1936年に竣工した。ルーズベルト大統領のニューディール政策の一環として建設されたとの話もある。建設当時の名称はボールダーダムだったが、1947年に建設当時の大統領ハーバート・フーヴァーにちなんで改称された。

型式は重力式アーチダム、高さ221m、長さ379mで、ダム湖はミード湖と呼ばれ、貯水量は約400億トン 日本には約2,500基のダムがあるが、それらの貯水量の合計は250億トン程度である。日本最大の湖である琵琶湖の貯水量でも280億トン程度である。 フーバーダムで発電された電力は、カリフォルニア州、アリゾナ州、そしてカジノで世界的に有名なラスベガス(ダムの北西48kmと近い)などに供給されている。

フーバーダム

★フーバーダムに存在する謎のモニュメント フーバーダムには以下のモニュメントがある。ここには「海から生まれる新人種」の話が書かれてあり、意味不明である。ちなみにこの海面から上半身を出してる人間の顔を削除してみると、ちょうど二本の角が生えた悪魔に見えるとのことだ。手が角に相当する。また両脇の柱が「11、11」に見える。ちょっと無理があるかな? died.jpg

半身を海面から出ているということは、新人種とは「半神半人」という意味だな。 ダム決壊

※管理人註:50ドル紙幣を折り曲げると、ダムの絵に見えるということです さて、明日は何が起こるのか?単なる仄めかしで終わるのか?それとも本当に大地震・大洪水が起こるのか?明日になればわかるだろう。ただし、ここまで情報が公開されると何も起きないし、起こせないだろう。

<追記> まさかと思うが、311東日本大震災が人工地震であることがバレて、しかも映画「ロサンゼルス決戦」が予告映画として脚光を浴びたので、敢えて情報だけ拡散させて今回は何もせず、311人工地震説も「ロサンゼルス決戦」予告説もデマとして片付けてしまう算段ではないだろうか。もし、そうならば手が込んでる。ちなみにイルミナティカードには「ダム決壊カード」はない。

シス&エイリアン 11,11,11 http://doushiseirin.blog110.fc2.com/blog-entry-941.html 「11・11に気をつけろ」というメールが、不明のメールアドレスから送られてきた。

11・11に起きるのは関東を直撃する地震なのか? それともギリシャ崩壊に端を発する世界的な金融崩壊なのか? 11月11日に、「何か」が起きる可能性が非常に高い。

「闇の支配者」崩壊の序曲が始まった! 週刊SPA! 11月8日号

ベンジャミン・フルフォード氏が受け取った警告 「11・11に気をつけろ」 このフーバーダムにおけるテロ、洪水なのか。

日本の全貯水量を上回るこのダムが決壊すれば、想像を絶する洪水が発生します。 ノアの洪水の再来、とでも名付けるつもりでしょうか。 野田首相は、11月11日に何かが起きるという情報を手に入れたのか?

考えられる仮説は今のところ以下です。 「11月11日まで伸ばしたが特に意味はなく、議論から逃げただけ」 「11月11日まで伸ばせば議論の間もなくハワイに逃げ、勝手に参加表明できると吹き込まれた」 「11月11日にテロや災害が起きることを知り、TPP参加表明を見送る口実ができた」 「11月11日にアメリカ政府が何らかの声明を行ない、やはり口実ができた」 「11月11日に様々な説を集約させ、あえて何も起こさず、311テロ説そのものを葬り去る

1つ言えることは、野田首相は本当に1日考えるために延期したのではない、ということです。 反対されるのは目に見えているのに、今さら反対するというのは、頭が悪すぎます。

一説では、本日11月11日の、11時11分11秒に何かが起こる、とも言われています。

それは日本時間なのか、米国時間なのか。 「アセンション」「エレニン」程度の話で、完全なデマなのか。 「毎月11日が危ない!」と警告する人を貶め、 「3.11がアメリカ政府のテロだった」ことを隠すための動きかもしれません。

万が一野田首相がTPP先送りを決断したならば、 11月11日Xデー説が弱くなります。 その場合は、米国の暫定予算期限である18日までが次の候補となりそうです。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。