スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール街デモ:11月17日、ウォール街封鎖!強制退去、逮捕への反発か|アメリカデフォルト危機

ウォール街デモ:11月17日、ウォール街封鎖!強制退去、逮捕への反発か|アメリカデフォルト危機

Photo  ニューヨークで続いている格差社会に抗議するデモの主催者らは今週17日に、デモ開始から2カ月目を祝ってウォール街を行進し、封鎖することを計画している。

 デモの主催者らは、17日の計画が最も挑発的な抗議行動となり、数の逮捕者が出る可能性や、市当局との関係が一段と緊迫する可能性があるとの見解を示している。

 ただ、反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」のスポークスマン、エド・ニーダム氏は、行進の目的はアイデアや議論を呼び起こすことで、暴力的な反応を促すことではないとしている。

 デモ隊は、活動の拠点を置く、ウォール街から2ブロック離れた公園からウォール街まで行進し、その後、市の地下鉄に散らばり、主張を訴える計画。また、同日中にブルックリン橋の行進も計画している。

 ニューヨーク市のブルームバーグ市長は14日、デモ隊の計画について記者団に聞かれ、「ニューヨーク証券取引所(NYSE)は時間通りに取引を開始する。人々の通勤に支障はない」と語った。

 NYSEのスポークスマンはコメントを拒否した。

 ニーダム氏は17日の行進には最大1万人が参加する可能性があるとしている。

NYの反格差社会デモ、今週17日にウォール街封鎖を計画 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24171120111115 ウォール街デモ、もはやカオスです。



Photo  米ニューヨーク市警は15日、反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」の参加者らを、活動拠点として利用していた公園から強制退去させた。

 数百人規模の警察官が午前1時(日本時間午後3時)からテントやシートなどを取り壊し、147人を逮捕。デモ参加者の中にはお互いを鎖でつなぐなどして抵抗する者もいたが、約3時間15分で全員が退去した。

 デモ参加者が法を犯さない範囲で活動していたため、当局は手が出せない状態が続いていたが、公園を所有する企業が14日、ブルームバーグ市長に強制退去を要請。同市長は声明の中で、「デモ参加者は2カ月に渡ってテントや寝袋で公園を占拠してきたが、これからは議論の力で訴えてほしい」と述べた。

 公園には排泄物の異臭が漂っており、当局やデモ参加者によると、強姦や窃盗、薬物の取引などの犯罪が横行していたという。

 またニューヨーク市の裁判所は15日、同市が新たに定めた「公園内のテントや寝袋を禁止する」という規則を認め、強制退去させた行為にも違法性はないとの見解を示した。

米NYの反格差社会デモを強制排除、逮捕者147人に http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24189920111116

デモの参加者は一般市民であり、特に規律はありません。 こういったことが起こってくれば、さすがに眉をひそめざるを得ないということでしょう。 そして、11月17日にウォール街を封鎖するようです。 これまでにも増して逮捕者や暴動が続出すると予想されます。

ベンジャミン・フルフォード氏「冬にかけて、ウォール街デモは一旦鎮静化するだろう」 「夏に向けて暖かくなれば、より一層パワーアップして戻ってくるとしていますが、いまいち釈然としません。

たかが寒い、というだけで退却するくらいなら、 そもそも泊まり込みなどしないはずでは? 背後にいる黒幕の間で、何らかの動きがあったのではないか?

新金融システムの覇権争いが続いている影響で、 来年の春~夏まで時期を伸ばす必要があったのではないか? 黒幕はジョージ・ソロスという噂も流れていますが その背後には当然ロスチャイルド(ジェイコブ)が控えています。(ソロスと親しい) 真相はインサイダーからの情報を待つしかなく、仮説を立てることしかできません。

また、FRB株主への裁判との関連性もあいまいです。 裁判が始まれば、デモの有無に関わらず悪党は捕まるはずです。 裁判が始まらない場合、最長で来年の夏ということでしょうか?

フルフォード氏は、FRB裁判の噂について 「以前も裁判が始まると言っていたが、なかなか始まらない」 「信頼に値する情報かは分からないが、注意していく必要がある」 としているので、偽情報の可能性も考えなくてはなりません。 ※偽情報の可能性があるものを大っぴらに公開するフルフォード氏も、中々のチャレンジャーです。

11月17日のウォール街封鎖、これで何かが起こる可能性は高くなさそうですが 11月18日の暫定予算期限、11月23日の財政赤字削減策期限との兼ね合いで考えると なんとも意味深なタイミングとなっており、引き続き見ていく必要がありそうです。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。