スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール街デモ:11月17日、2万人行進!暫定予算はギリギリ可決も、赤字削減期限迫る|アメリカデフォルト危機

ウォール街デモ:11月17日、2万人行進!暫定予算はギリギリ可決も、赤字削減期限迫る|アメリカデフォルト危機

 米ニューヨーク(New York)のウォール街(Wall Street)で17日朝、開始から2か月を迎えた反格差運動「オキュパイ・ウォールストリート(Occupy Wall Street、ウォール街を占拠せよ)」のデモ隊約1000人ニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)前の通りを占拠し、排除しようとした警官隊との衝突で200人余りが逮捕された。  証券取引所は通常通り9時30分に取引を開始したが、デモ隊は「ウォール街を閉鎖しろ」「ここは、みんなの通りだ」などと叫び、45分間にわたって通りを封鎖。警官隊がバリケードを作って、出勤してきた市場関係者を取引所内部に案内するシーンが見られた。  ニューヨークの抗議行動は、「世界一斉行動の日(Global Day of Action)」の一環として行われたもの。全米各地でも同日、抗議デモが繰り広げられ、ロサンゼルス(Los Angeles)やダラス(Dallas)などで数十人の逮捕者が出た。

 17日の集会に参加した大学院生、エリザベス・シビリアさん(37)は「市は強制排除をやったことで、信頼を失った。デモはこれからさらに勢いを増すだろう」と語った。

NY「オキュパイ」デモがウォール街を占拠、2万人行進も 米国 http://www.afpbb.com/article/economy/2841216/8099088

17日のデモは、当局の予想を下回る人数だったようです。 寒さと雨のせいで徐々に勢いが薄れつつあるかのように見えますが、 市民は怒りをますます増幅させており、さらに激化する可能性も出てきました。


Photo

さて、現在は米国時間で18日の午前8時半です。

暫定予算について、ようやく可決されたとのニュースが入りました。 米上院は17日、政府閉鎖を回避するための暫定予算案を盛り込んだ法案を可決し、オバマ米大統領に送付した。下院はこれに先立って、同法案を可決していた。現在の暫定予算は18日で期限切れとなる。今回の暫定予算案は12月16日までが期限米上院:暫定予算案を盛り込んだ法案を可決-政府閉鎖を回避 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=afln_Njzfn6s なぜ毎回ギリギリなのかは理解に苦しみますが、ひとまずは政府閉鎖は回避されました。 次回は12月16日、わずか1ヶ月後になります。 23日期限の財政赤字削減については、依然まとまる見込みはありません。

もはや協議の合意は困難とみて、2013年以降強制的に発動されるという 自動的な赤字削減の中身をどうするか、というところまで追いつめられているようです。 イメージ

 米財政赤字の削減策を協議する超党派の特別委員会のメンバーであるパトリック・トゥーミー上院議員(共和党)は17日、一部の共和党議員らは協議が合意できなかった場合、2013年以降に1兆2000億ドルの歳出を自動的に削減する「トリガー(引き金)条項」の内訳に変更を加える立法を検討していると明らかにした。米CNBCとのインタビューで述べた  オバマ大統領は先週、特別委員会の両党の代表に対し、トリガー条項が発動した場合に1.2兆ドルの強制的な歳出削減の効力を弱めることを目的とした法律の制定を容認しない考えを伝えていた。  共和党の議員らは、トリガー条項により国防費が10年間で6000億ドル削減された場合、国の安全が損なわれると不満を表明している。パネッタ国防長官も、「破壊的」な支出削減を防ぐために赤字削減策に合意するよう、特別委員会に要請していた。  特別委員会には、11月23日までに赤字削減策について合意することが求められている。  共和党のジョン・マケイン上院議員とリンゼイ・グラハム上院議員は、特別委員会が財政赤字削減策の取りまとめに失敗した場合に、国防費からより多くの支出カットが行われることを阻止するための立法を準備中だと明らかにしている。

 トゥーミー議員は「(共和党議員は)1.2兆ドルの削減は間違いなく必要だと思うが、削減する内訳については改善の余地があると考えている」と述べた。

米共和党、トリガー条項発動による自動的な歳出削減の内訳変更する立法検討も=トゥーミー上院議員 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK804658120111118

国防費が大幅にカットされれば、アメリカの覇権は当然失われるでしょう。 基軸通貨ドルを失うばかりか、軍事国家としての威厳もなくなれば、アメリカは没落しかありません。

23日までに赤字削減策は決まるのか。

アメリカ存続危機のカウントダウンが始まりました。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。