スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港の金融マフィア・新鴻基(サンフンカイ)会長逮捕で李兆基・李家がピンチ?ついに逮捕劇はアジア・中国へ!

香港の金融マフィア・新鴻基(サンフンカイ)会長逮捕で李兆基・李家がピンチ?ついに逮捕劇はアジア・中国へ!


Photo

2012年3月31日、香港紙・大公報は、元政府高官と大手不動産会社トップが汚職容疑で逮捕されたと報じた。中国新聞網が伝えた。

逮捕されたのは元香港特区政府政務官・許仕仁、大手不動産会社・新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ)の郭炳江(トーマス・クオック)、郭炳聯(レイモンド・クオック)の両共同主席ら計8人。汚職を取り締まる香港廉政公署の創設から38年、最上位の官僚の逮捕となった。

サンフンカイ・プロパティーズ副会長 李兆基

レコードチャイナ:廉政公署史上、最高位となる官僚を逮捕=大手不動産会社関連...
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60061


世界の金融関係者の辞任劇、欧米だけでなく香港やシンガポール、
南アフリカ共和国など、世界中の金融センターに及んでいますが
ここに来て、ついに香港の不動産王(金融マフィア)から逮捕者が出た模様です。


サンフンカイ(新鴻基)、香港でその名を知らぬ者はいないと言われます。



日本で言えば、三菱地所の会長・社長と元国交大臣が一緒に逮捕されたくらいのショックだと思われます。
タイミングから考えて、先日梁振英氏が当選した行政長官選挙との関連が想像されます。
香港よりも中国本土の方が、官僚とデベロッパーの癒着は酷いでしょうから、
これは中国共産党が香港を通じて大陸地方政府へ向けて発信したメッセージなのかもしれません。

新鴻基不動産に何が起きたのか: AKAZUKINの投資日記
http://akazukin.cocolog-nifty.com/nikki/2012/03/post-5f21.html





"新鴻基"といえば、香港人で知らない人はいない。新鴻基(Sun Hung Kai、広東語読みでサンホンゲイ)は李嘉誠ひきいる長江集団に比肩する、香港を代表するコングロマリットであるからだ。中核事業の不動産部門では香港の高層ビルの高さトップ3であるIFC2、ICC、セントラルプラザの3つが新鴻基が建設したものだ。

そして通信事業でスマートーン、駐車場のウィルソンも新鴻基グループ傘下の企業で香港の街中を10分も歩けば出くわす。

新鴻基がつくる不動産は香港では人気で、長江集団が作る不動産と比較して価格はおよそ1.2倍くらいになるが品質はそれ以上のものだと評判だ。日本人が香港に移住してくる場合でも、「新鴻基が建てたものに住みたい」と指定してくる場合もある。(ちなみに、新鴻基よりも品質がいいと言われるのは航空会社のキャセイ・パシフィックをもつスワイヤグループの不動産である。スワイヤの不動産は数が少ないく、品質も最高だが値段も最高だ)

WSJが入っているビル(セントラルプラザ)も新鴻基
http://www.harveslife.com/blog/item_4339.html





今回の捜査に伴い、サンフンカイではこの約4年間で3度目の会長交代が起こる可能性が高まる。また、80歳を超す家長が率いるヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産)など、香港の不動産会社の経営陣の継続性をめぐる新たな懸念にもなる。サンフンカイの時価総額が30日に49億ドル(約4100億円)吹き飛んだ後でも、香港の富豪10人のうち6人が時価総額の合計が1020億ドルの上場不動産会社を率いている。

香港サンフンカイ共同会長の逮捕、後継めぐるリスク浮き彫り - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1U0K36K50XS01.html



サンフンカイの株価です。
騒動から数日経ち、既に底打ったような印象も受けます。
ピークからは15%前後下落しました。


サンフンカイ 株価


そして、このサンフンカイ・プロパティーズの関係者から
ある人物の名前が浮上しました。

サンフンカイ・プロパティーズ副会長 李兆基



soKKuri?

アメリカ経済紙・フォーブスが世界長者番付
(The World's Billionaires)を発表しました。


以前、こちらで紹介した李嘉誠がアジア人で
唯一のTOP10入りを引き続き果たしています。
今年は世界第9位にランクされています。
依然として、香港ドリームの象徴ですね。

又、ヘンダ-ソンの李兆基が香港人の李嘉誠に続く
第22位で世界のビリオーネに名を立てています。
不動産業が好調であるという証拠でしょうね。

世界長者番付に李嘉誠、李兆基 - KOWLOON DAILY☆ 香港情報もりだくさん! -

http://blog.livedoor.jp/chauyip/archives/53133315.html





李兆基のヘンダーソンランド・デベロップメント
株も同様に下落しています。
今回の逮捕劇が李兆基にも影響を及ぼす可能性を示唆しているようです。

HENDERSON LAND Stock Chart | 0012.HK Interactive Chart - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/echarts?s=0012.HK+Interactive#symbol=0012.HK;range=5d


李兆基ファミリーの旗艦企業香港3大デベロッパーの一つである、不動産系大手コングロマリット。
中古ビル及び中小規模物件の再開発が強みの企業で、香港での不動産開発・管理・投資を手掛ける他に中国本土での不動産開発も積極的に行っております。

恒基兆業地産(ヘンダーソンランド・デベロプメント)00012|中国情報一覧
http://beer-selection.com/2012/03/00012.html


李兆基氏といえば、長江実業(0001)グループを率いる李嘉誠氏と並び、1970年代に暴落した香港の不動産を買いまくり、不動産で財を築いた一人だ。その資産を元手に不動産開発の恒基地産(0012)を設立。
さらに多角化を進めて、現在では香港市場に上場している企業だけでも、恒基地産のほかに、投資会社の恒基発展(0097)、香港のガス会社の香港中華煤気(0003)、ホテル事業のミラマーホテル(0071)、フェリー会社の香港フェリー(0050)、中国でガス事業を行なうタウンガス・チャイナ(1083)と、5社が顔を連ねる。

香港経済界重鎮の李兆基氏が「株の神様」に変身 2007/10/07(日) 13:56:02 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1007&f=column_1007_002.shtml



李兆基


暴落した資産を買いあさるのは、ロスチャイルドのやり方そのままです。
世界長者番付にランクインするような重鎮など息がかかった人間ばかりでしょう。


ついに、イルミナティ悪の13血流と呼ばれていた
香港・李家にも捜査の手が及ぶか?


李家と言えば、中国の李鵬が有名です。

「日本などという国は20年後には消えてなくなる」
李鵬 元中華人民共和国国務院総理(首相)




発言したのが1995年だったので、2015年には消えてなくなるようですが、
そうはさせません。中国共産党の方こそ消えてなくなる可能性があります。

1、アスター家 (ピルグリム・ソサエティー、円卓会議。ローズ奨学金の重鎮)
2、バンディー家(悪魔主義者ハリー・バンディー、合衆国薔薇十字会指導者)
3、コリンズ家(イギリス清教徒革命クロムウエルにつながる悪魔の家系)
4、デュポン家(世に広く知られつつも、生活は完全に隠された悪魔の王族)
5、フリーマン家(メロビング王朝、メディチ家、黒い貴族・・・発するシオン修道院の存在)
6、ケネディー家(アイルランド貴族、サンジェルマン伯爵とイルミナティーとマシューケネディー)
7、李家(共産主義中国の権力中枢、新世界秩序に向けて貢献する李嘉誠、李鵬、李光耀)2015年に日本無くなる発言で有名
8、オナシス家(スミルナの三大麻薬商社の一つ、オナシス家)
9、ロックフェラー家(ご存知アメリカ帝国の帝王を輩出する)
10、ロスチャイルド家(ロスチャイルド一族とイスラエル国家の誕生)
11、ラッセル家(ものみの塔創設者チャールズ・ラッセル、スカル&ボーンズ設立ウイリアム・ラッセル)
12、ファン・ダイン家(イルミナティーの中のオランダ系譜の代表)
13、第13番目の聖なるダビデの血流(ルシファーの直系卑族、ワシントン、ブッシュ)



イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔
フリッツ・スプリングマイヤー(著)

問題は、スプリングマイヤー氏が著書で述べているように
李家について彼自身知らないことが多く、他の家族と完全な協力体制にあるという
明確な証拠もないため、上の13血流は不正確である可能性があります。
情報そのものも古く、SARS以降の状況が想定されていません。
SARSで華僑皆殺しを企んだ欧州貴族とは手を切っていると判断しています。




しかし、中国共産党の中枢を未だに握っているというのは
今後の世界発展に関して、大きな障害となってくるはずです。
李家が次の独裁者にならぬよう、慎重に排除する必要があると思います。

中国は胡錦濤勢力が巻き返しており、江沢民派が排除される動きとなっています。
昨日フルフォード氏も「毛沢東派の売国奴、薄熙来がパージされた」と述べました。
キッシンジャーは薄熙来を第二の毛沢東にしたかったようですが、頓挫しました。

李兆基に捜査の手が及ぶかどうかは分かりませんが、
これらの動きと照らし合わせれば、良い方向に動いているのは間違いなさそうです。

薄熙来、トーマス・クオック、レイモンド・クオック、そして李兆基。
世界の金融マフィア浄化の波は、ついにアジア・中国にまで押し寄せてきているのです。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。