スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイトナー金融危機健忘症、邦訳公開!ドイツ銀行のLIBOR不正取引摘発-前ECB理事「ユーロはクスリ漬けである」

ガイトナー金融危機健忘症、邦訳公開!ドイツ銀行のLIBOR不正取引摘発-前ECB理事「ユーロはクスリ漬けである」

geithner

現職米国財務長官ティモシー・ガイトナーによる、自国の金融危機の警告。
彼はついこの前まで、ゴールドマン・サックスのような金融マフィアとグルだったはずです。


手の平を返したようなこの発言に
何も裏がないと言えば、おそらく嘘になるでしょう。


彼がWSJに寄稿した「Financial Crisis Amnesia」
和訳版を、今ここに掲載します。



Four years ago, on an evening in March 2008, I received a call from the CEO of Bear Stearns informing me that they planned to file for bankruptcy in the morning.
4年前、2008年3月の夜、私は彼らが朝破産を申し立てるのを計画したと、ベアー・スターンズのCEOから通知され、呼び出しを受けました。


Bear Stearns was the smallest of the major Wall Street institutions, but it was deeply entwined in financial markets and had the perfect mix of vulnerabilities. It took on too much risk. It relied on billions of dollars of risky short-term financing. And it held thousands of derivative contracts with thousands of companies.
ベアー・スターンズは主なウォールストリートの機関の中で最も小さかった。しかし、それは深く金融市場で絡まり、脆弱性の完全なミックスがありました。
それは危険をあまりに冒しました。
それは危険な短期金融の数十億ドルに依存しました。
また、それは、何千もの会社との何千もの派生的な契約を保持しました。


These weaknesses made Bear Stearns the most important initial casualty in what would become the worst financial crisis since the Great Depression. But as we saw in the summer and fall of 2008, these weaknesses were not unique to that firm.
これらの弱点は、ベアー・スターンズを世界恐慌以来最悪の金融危機になるもので最も重要な最初の死傷者にしました。
しかし、私たちが2008年の夏および秋に見るとともに、これらの弱点はその会社に特有ではありませんでした。


In the spring of 2008, more Americans were starting to face higher mortgage payments as teaser interest rates reset and they could no longer refinance out of them because the value of their homes stopped rising the leading edge of a wave of foreclosures and a terrible fall in house prices. By the time Bear Stearns failed, the recession was then already several months old, but it would of course get much worse in coming months.
2008年の春に、難問利率がリセットするように、より多くのアメリカ人がより高い住宅ローン支払いに直面し始めていました。また、それらの家の値が受戻し権喪失の波および住宅価格中の恐ろしい落下の上昇する最先端を止めたので、彼らはもはやそれらから財政を立て直すことができませんでした。
ベアー・スターンズが失敗した時には、景気後退がそのとき数か月既に古かった。しかし、それはもちろん今後数か月ではるかにより悪くなるでしょう。


These problems were partly the result of amnesia. There was no memory of extreme crisis, no memory of what can happen when a nation allows huge amounts of risk to build up outside of the safeguards all economies require.
これらの問題は部分的に健忘の結果でした。
極端な危機(国家が、経済がすべて要求する保護手段に、外部の強化された巨大な危険保険金(デリバティブ)を許可する場合、起こると予想される)の記憶はありませんでした。


When the CEO of Bear Stearns called that night, it was not because I was his firm's supervisor or regulator, but because I was then the head of the Federal Reserve Bank of New York, which serves as the fire department for the financial system.
ベアー・スターンズのCEOがその夜私を呼んだ時、それは私が彼の会社のスーパーバイザか取締人だったからではなく、私がそのときニューヨーク連邦準備銀行の長だったからでした。それは金融制度のための消防署を務めます。


The financial safeguards in the law at that moment were tragically antiquated and weak. Neither the Fed, nor any other federal agency, had the necessary comprehensive authority over investment firms like Bear Stearns, insurance companies like AIG, or the government-sponsored mortgage giants Fannie Mae and Freddie Mac.

その瞬間での法律による金融保護手段は悲惨に時代遅れで弱かった。
連邦準備局も他の連邦機関も、ベアー・スターンズのような投資信託会社上に必要な理解力のある権威を持っていたか、AIGのような保険会社あるいは政府が後援する抵当大手(ファニーメイとフレディイ・マック)上に持っていた。


Regulators did not have the authority they needed to oversee and impose prudent limits on overall risk and leverage on large nonbank financial institutions. And they had no authority to put these firms, or bank holding companies, through a managed bankruptcy that wound them down in an orderly way or to otherwise adequately contain the damage caused by their failure. The safeguards on banks were much tougher than those applied to any other part of the financial system, but even those provisions were not conservative enough.
調整装置は、それらの監視のために必要だった権威を持っておらず、全面的な危険に思慮深い制限を課さず、大きな非銀行金融機関にレバレッジを課しました。
またそれらは、整然とした方法でそれらを次第に縮小し、管理された破綻によってこれらの会社(すなわち銀行持株会社)を置くか、またはそれらの失敗によって引き起こされた損害を十分に含む権限を持っていませんでした。


A large shadow banking system had developed without meaningful regulation, using trillions of dollars in short-term debt to fund inherently risky financial activity. The derivatives markets grew to more than $600 trillion, with little transparency or oversight. Household debt rose to an alarming 130% of income, with a huge portion of those loans originated with little to no supervision and poor consumer protections.
銀行の保護手段は金融制度の他の部分に適用されたものよりはるかに頑丈でした。しかし、それらの条件さえ十分に保守的ではありませんでした。
大規模な影の金融界は、本質的に危険な金融活動を資金提供するために短期借入金の中で兆単位のドルを使用して、意味のある規則なしに発展しました。
金融派生商品市場は小さく透明だが見落とされ、600兆ドル以上の規模に膨らんでいました。
家庭の負債は、監督および貧弱な消費者保護として起こらなかったローンの巨大な部分と共に、驚くべきことに、収入の130%まで上昇しました。


The failure to modernize the financial oversight system sooner is the most important reason why this crisis was more severe than any since the Great Depression, and why it was so hard to put out the fires of the crisis. The failure to reform sooner is why the crisis caused gross domestic product to fall at an annual rate of 9% in the last quarter of 2008; why millions of Americans lost their jobs, homes, businesses and savings; why the housing market is still so far from recovery; and why our national debt has grown so significantly.
金融の見落としシステムをもっと早く近代化しないことは、この危機が世界恐慌以来どれより厳しかった最も重要な理由です。そして、危機の火、それを消すのがなぜそれほど難しかったか。
もっと早く改良しないことは、なぜ危機が2008年の四半期に9%の年率で国内総生産を落ちさせたかです。



なぜ何百万ものアメリカ人が仕事、家、ビジネスおよび貯蓄を失ったか。
なぜ住宅市場は、それほど回復していないのか。
そして、なぜ私たちの国債はそれほど著しく成長しましたか。


For all these reasons, President Obama asked Congress to pass tough reforms quickly, before the memory of the crisis faded. The Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act, signed into law by the president on July 21, 2010, put in place safer and more modern rules of the road for the financial industry. Yet only four years after the financial crisis began to unfold, some people seem to be suffering from amnesia about how close America came to complete financial collapse under the outdated regulatory system we had before Wall Street reform.
これらのすべての理由で、危機の記憶が衰える前に、オバマ大統領は困難な改革を速く承認してくれるように議会に依頼しました。
2010年7月21日に大統領によって署名され、法律として承認されたドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法は、金融業界のための安全でより現代的な規則を置きました。
しかし、金融危機が展開し始めたわずか4年後に、何人かの人々は、私たちがウォールストリート改革の前に持っていた
時代遅れの規制システムの下の金融崩壊が、どこまでアメリカに迫って来ているかに関する健忘に苦しんでいるように見えます。


Remember the crisis when you hear complaints about financial reform-complaints about limits on risk-taking or requirements for transparency and disclosure. Remember the crisis when you read about the hundreds of millions of dollars now being spent on lobbyists trying to weaken or repeal financial reform. Remember the crisis when you recall the dozens of editorials and columns against reform published on the opinion pages of this newspaper over the past three years.
透明と開示のための危険の負担、あるいは必要条件に対する制限に対する財政改革苦情に対する苦情を聞き、危機を思い出してください。
今、ロビイストに財政改革を弱めるか撤廃しようとするために費やされている数億ドルについて読み、危機を思い出してください。
過去3年にわたってこの新聞の見解ページ上で公表された改革に対する数十行の社説をリコールし、危機を思い出してください。


Are the costs of reform too high? Certainly not relative to the costs of another financial crisis. Credit is relatively inexpensive and growing across most of the U.S. financial system, although it is still tight for some borrowers. If the costs of reform were a material drag on credit growth, then loans to businesses would not have grown faster than the overall economy since the law passed and its implementation began.
改革のコストは、あまりにも高くありますか。
別の金融危機のコストに比べて確かに。
それは何人かの借り手にとってまだきついが、信用は比較的安く、ほとんどの米国の金融制度を横切って成長しています。
もし改革のコストが信用成長の邪魔ならば、法則が通過し、その改革が始まって以来、ビジネスへのローンは経済全般より速く成長していなかったでしょう。


Are these reforms complex? No more complex than the problems they are designed to solve. And, it should be noted, most of the length and complexity in the rules is the result of the care required to target safeguards where they are needed, not where they would have a damaging effect.
これらの改革は複合体ですか。
解決するためにそれらが設計されている問題よりこれ以上の複合体はありません。
また、それは注目されるべきです。規則のほとんどの長さおよび複雑さは、それらが必要なところで、保護手段をターゲットとするのに必要な注意の結果であり、それらが損傷効果を持つところではない。


Is there some risk that these reforms will go too far with unintended consequences? That depends on the quality of judgment of regulators in the coming months as they flesh out the remaining reforms. But our system provides considerable protection against that risk, with the rules subject to long periods of public comment and analysis and with room in the law to get the balance right. The greater error would be for Congress or the regulators, under tremendous pressure from lobbyists, to once again exempt large swaths of the financial industry from rules against abuse.
これらの改革が意図しない結果と共に度を越しすぎるというある危険がありますか。
それらが残りの改革に肉付けるとともに、それは、今後数か月に調整装置の判断の質に依存します。
しかし、私たちのシステムは、バランス権を得るために法則でその危険からの、長期間の公式会見および分析に従う規則、および余地を備えた相当な保護を提供します。
より大きなエラーは、乱用に対する規則からの金融業界のもう一度免除された大きな一刈りに、ロビイストからのすさまじい圧力の下に、議会または取締人向けに起こるでしょう。


These reforms are not perfect, and they will not prevent all future financial crises. But if these reforms had been in place a decade ago, then the rise in debt and leverage would have been less dangerous, consumers would not have been nearly as vulnerable to predation and abuse, and the government would have been able to limit the damage that a financial crisis could have on the broader economy. President Obama, along with Sen. Chris Dodd and Rep. Barney Frank, deserves enormous credit for pushing for tough reforms quickly.
これらの改革は完全ではありません。また、それらがすべての将来の金融危機を防ぐとは限らないでしょう。
しかし、もしこれらの改革が10年前に適所にあれば、負債とレバレッジの上昇はそれほど危険ではなかったでしょう、
消費者は、捕食と乱用にほとんど同じほどには弱くなかったでしょう。また政府は、金融危機がより広い世界経済上に広がることなく、損害を制限することができたでしょう。
オバマ大統領は、クリス・ドッド上院議員およびバーニー・フランク下院議員と共に、困難な改革を速く要求するための巨大な信用に相当します。


My wife occasionally looks up from the newspaper with bewilderment while reading another story about people in the financial world or their lobbyists complaining about Wall Street reform or claiming they didn't need the Troubled Asset Relief Program. She reminds me of the panicked calls she answered for me at home late at night or early in the morning in 2008 from the then-giants of our financial system.
私の妻は、ウォールストリート改革について不平を言うか、それらが問題の多い長所救済計画を必要としなかったと主張する財界またはそれらのロビイスト中の人々の別の話を読み、困惑を憶え、新聞から時々見上げます。
彼女は、私たちの金融制度の当時の巨人から2008年、深夜の自宅で、パニック状態の呼び出しがあったことをを私に思い出させます。


We cannot afford to forget the lessons of the crisis and the damage it caused to millions of Americans. Amnesia is what causes financial crises. These reforms are worth fighting to preserve.
私たちは、危機、およびそれが何百万ものアメリカ人にもたらした損害のレッスンを忘れる余裕がありません。
健忘は金融危機を引き起こすものです。
これらの改革は、保存するために戦う価値があります。


Mr. Geithner is secretary of the U.S. Treasury.
米国財務長官ガイトナー

Tim Geithner: Financial Crisis Amnesia - WSJ.com
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203986604577253272042239982.html


驚いたのが、彼の英語が非常に分かりやすいということ。
自動翻訳ほぼそのままを載せました。ここまで和訳しやすい英文は多くありません。
腐敗しても財務長官。言語能力は一流のエリートというわけです。
その能力を、早く世界人類の平和のために使わせないといけない。

彼は「今のロビイストら、オバマが進める改革では危機を防げない」と断言します。
金融危機健忘症こそ、アメリカがいかに金融危機に苦しんできたかの現れであるということです。
少なくとも彼の妻はウォール街のやり方に反対し、良心を持っていると言えそうです。



Photo

欧州中央銀行(ECB)のシュタルク前専務理事は、23日付の独ハンデルスブラット紙とのインタビューで、ユーロ圏はまだ危機から脱出しておらず、インフレのリスクが高まっていると警告した。

シュタルクはその中で、ユーロ圏の状況についてドラギECB総裁よりもはるかに悲観的な見方を示したほか、ECBによる長期資金供給策がインフレを煽りかねないとの懸念をあらためて表明した。

さらに「中央銀行がその使命に基づいてなすべきことを行う能力に対する信頼感が損なわれつつある」とした上で、「われわれはまだ危機から抜け出していない。金融危機ばかりでなく、経済危機、公的財政危機からもだ」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)
は8日、市場の予想通り、主要政策金利であるリファイナンス金利を1.00%に据え置いた。ただドラギECB総裁インフレリスクに言及し、金融政策の方向が徐々に変わりつつある可能性が示された。


「世界の金融システムは薬漬け」、前ECB専務理事が警告 | Reuters

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82M06920120323?sp=true
UPDATE2: ドラギECB総裁、インフレリスク警告 政策転換点の可能性 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT811139920120308


ここ最近の展開は、おおむね朝倉慶氏が予測した通りです。
ダウは堅調、ドラギはインフレに舵を取る、ギリシャCDSの話など。
表のニュースだけで判断すれば、そうなります。


しかし、その後に待っている劇的な変化については言及されていません。
それは裏のニュースと併せて判断せねば、出てくる予測ではありません。

銀行幹部の大量逮捕ニュースなどは、表に出れば大騒ぎになるはずです。


その時に、クスリ漬けで見せかけの景気回復をしてきた世界経済はどうなるか?





ドイツ銀行の不正取引が問題になっています。
昨今の大量辞任と関わってくることは容易に想像がつきます。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作疑惑めぐり、ドイツ銀行は20日、欧米当局から召喚状を受け取るとともに、情報提供を求められていることを明らかにした。
米司法省、証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)、欧州委員会などの欧米当局は、2005─2011年の期間について、調査しているという。ドイツ銀は調査に協力していると説明した。

欧米当局、LIBOR操作疑惑でドイツ銀を調査 | ビジネスニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE82J02020120320




世界で最も地球環境に配慮したビルで、世界で最も悪質な不正を行なうマフィア共

FT紙は、ドイツ銀行が銀行間取引金利でイカサマ取引をしたのではないかとして、調査対象になっていると報じています
この問題は邦銀にも及んでおり、このスキャンダルが実証された場合、世界のそうそうたる銀行が有罪になり、最悪の場合、銀行幹部が軒並み逮捕の上、莫大な罰金を課せられることになると言われています。

今までに名前が挙がっている金融機関は以下の通りです。


■ドイツ銀行
■UBS
■JPモルガン・チェース
■ロイヤルバンク・オブ・スコットランド
■シティグループ


参考:世界の銀行幹部辞任リスト
■ドイツ銀行:8人
■UBS:9人
■JPモルガン・チェース:5人
■ロイヤルバンク・オブ・スコットランド:5人
■シティグループ:
4人


既にこれら銀行のトレーダーが解雇されたり、職務停止命令を受けており、罪が実証されるのは時間の問題と言え、世界的なスキャンダルに発展するのは避けられません。

NEVADAブログ:ドイツ銀行までが標的に
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4149904.html


>既にこれら銀行のトレーダーが解雇されたり、職務停止命令を受けており
そして、全員逮捕されました。


銀行家のイカサマ支配、搾取はもう終わりです。
手の内は全てバレています。言い逃れは不可能です。


ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ウォーバーグ・・
さっさと腹を括れ!





なぜ何百万ものアメリカ人が仕事、家、ビジネスおよび貯蓄を失ったか。
なぜ住宅市場は、それほど回復していないのか。
そして、なぜ私たちの国債はそれほど著しく成長しましたか。
米財務長官 ティモシー・ガイトナー



金融メルトダウンは既に始まっています。
ガイトナー、シュタルクの警告を真摯に捉え、早急に資産保全と備蓄に動くべきです。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

阿修羅復活してますね

No title

ベルスコ、プーチンの写真は合成では?
AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。