スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサント、世界最凶の悪魔企業-出資者バフェットは悪魔に魂を売った!シオニスト企業を壊滅に追い込むためには

モンサント、世界最凶の悪魔企業-出資者バフェットは悪魔に魂を売った!シオニスト企業を壊滅に追い込むためには

世界人類にとって有害・解体すべき企業は?(アメリカ編) 第10回週替わり投票の結果です。


農業のモンサント
銀行のFRB
証券のゴールドマン・サックス


この3つが特に凶悪、有害であるという結果となりました。
この結果に関しては、おおむね予想通りです。



今回から年齢や性別がグラフ化されるようになりました。

世界人類にとって有害・解体すべき企業は?(アメリカ編)年齢別


最大のボリュームゾーンは、やはり30代~50代です。
これからの未来を担う20代以下にも、積極的に回答してもらいたいところ。


ゴールドマン・サックスについては、本サイトで散々取り上げました。
顧客を騙し、金銭を毟り取るだけの寄生虫企業です。内部告発もありました。


FRBについては「お金こそ人類最大の癌である」で取り上げました。
無から通貨を生み出すことの意味を全世界が思い知れば、
悲惨な戦争をこの世から根絶することが可能になります。



しかしながら、モンサントの凶悪性は
上記2社をも凌駕します。その実体は凄惨を極めます。


モンサントは遺伝子組み換え種子の特許権を守るため、農家が種子を自家採取して保存することを禁じています。それを徹底させるため大勢の調査員を雇い、農家の栽培記録を開示させ、農場をカメラで監視し、違反の疑いを持てば有無を言わさず訴訟をちらつかせて農民を脅迫しています。
また近年は乳牛用の人工ホルモンも開発しています。人工ホルモンを使いたくない農家は、消費者向けに「成長ホルモン不使用」のラベルを表示していますが、モンサントはそれをやめさせようと政治的に働きかけています。根拠も無く「不使用」を表示することは、いらざる不安を掻き立て、安全や品質に違いがあるかのような誤解を招くとの主張ですが、消費者の知る権利は無視されているようです。
農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫 | Democracy Now!
http://democracynow.jp/video/20080506-2




食料をコントロールする者が人々を支配し、 エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、 マネーを支配する者が世界を支配する
ヘンリー・キッシンジャー






モンサント、世界最凶のアグリビジネス。
人類に必要不可欠な食糧を支配し、世界人口の削減計画を推進。


アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。

2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。

また自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。バイオ化学メーカーとして世界屈指の規模と成長性を誇り、ビジネスウィーク誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力があった10社にも選ばれた。

モンサント (企業) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)


モンサントの作った数々の有害物質・・

■枯葉剤
ベトナム戦争で使用。現地の農業を壊滅させる目的で使用。
奇形児や障害をもたらす。そのむごさは一目瞭然。

※※ショッキングな写真にご注意ください※※







こんな危険な兵器を作るばかりか平気で使用するなど、同じ人間とは思えません。
悪魔の所業です。モンサントは筋金入りの悪魔企業です。



■ターミネーター種子
種子が1代で死滅。農家は永遠に種子を買い続けなければならない。
また、種子には多くのモンサント製化学肥料が必要となり、さらにコストがかかる。
農家は借金漬けとなり、GM綿花を栽培したインドでは自殺者が急増。

だからモンサントは不況知らず、収益ウナギ登り、株価は95%増。

悪魔のモンサント その2 「モンサントのジェノサイド」
http://blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/1342611.html


■遺伝子組み換え農作物
モンサントの遺伝子組み換え食品で育った生物は・・
身体は小型化
肝臓と心臓が小型化
免疫が弱い(寿命が短い)
際立って脳が小さい(知能が低い)

この事はスコットランド人研究者のアーバッド・プースタイ博士による
1999年のラットの比較実験により明らかとなった。
人間にも同様の効果をもたらすと考えられる。



遺伝子改変食物は人類改変食物か?:その目的は人口削減と人類2種分裂化だとサ!
http://quasimoto.exblog.jp/13017180/


■殺精子コーン
遺伝子組み換えトウモロコシ(GMOトウモロコシ)の別名。
精子を殺し、不妊効果をもたらし人口削減を推進できる。

「我々の温室は、抗精子抗体を製造するトウモロコシで満杯だ」

エピサイトCEO ミッチ・ハイン




CEOにもぜひ自社製品を食べてもらいたいものです。
会社は金儲けのための道具ではない!

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減が目的」と語る
http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/gates.php




祝・ビルゲイツ逮捕!





モンサント社こそ、世界最悪の有害企業と言えるのです。
株も買ってはいけない。人口削減計画に賛同しますか?

■種子と肥料を永遠に買い続ける奴隷農家の創出
■遺伝子組み換え食品による世界人類の不妊化
■ビルゲイツと共に人口削減を推進


我々にできることは、遺伝子組み換え食品の危険性を広め、
モンサントという世界最凶の企業の実体について情報拡散し、
これらを支援する団体や人物は全て悪魔に魂を売ったと捉え、
猛烈な批判を浴びせかけることです。




この男もモンサントを支援します。悪魔同然です。



 
人殺し企業に出資しといて何が賢者だ?このたぬき野郎
こんな本は捨てましょう。ゴミ箱に放り投げるか?
いや、燃やした方がいいかも?




こいつはインサイダーです。必ず儲かります。
こいつが昨年10月にバンカメ株を買い支え、金融マフィアが延命してしまったのです。


人口削減計画で死にたくなければ、そういう所から始めて
世界支配者の下らぬ幼稚な野望を全力で阻止しなければならないのです。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ  にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Twitterでモンサントについて私なりに拡散しました。モンサントだけは必ず潰してやりたい。

No title

神奈川県で接種予定だった不活性ワクチン接種、寸でのところで中止になりました。ということはビル・ゲーツは、、、。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
AD
検索フォーム
最新記事
Amazon おすすめ書籍
  楽天市場

カテゴリ
月別アーカイブ
投票コーナー
デフォルト対策シリーズ

  楽天市場

■現物資産編

種類別



サイズ別




■備蓄編

種類別



サイズ・年数別




■サバイバル編

護身具
RSSリンクの表示
プロフィール

News U.S.

Author:News U.S.
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。